豊後高田市の旅 続き

昨日紹介した 熊野磨崖仏に続いて
1枚目の写真は、車で約10分ほどにある
田染荘」(たしぶのしょう)小崎地区の田園風景です。
宇佐神宮の荘園で平安時代、鎌倉時代の集落や水田の位置が
ほとんど変わらずに残され守り続けられています。







f0315034_14202065.jpg





f0315034_15100021.jpg



案山子も色々ありました。



f0315034_15203418.jpg





続いて車で6分ほどにある「真木大堂」です。
もともとは大寺院でしたが火災で焼失し江戸時代に再建された本堂と
昭和30年代に新造された収蔵庫を残すのみとなっています。

f0315034_14364188.jpg
写真撮影は禁止ですので写真はないですが
収納庫に安置されている焼失に逃れた9体の仏像は必見ですよ。  





続いて車で10分ほどにある「富貴寺」です。
九州最古(平安時代)の木造建築物で国宝の大堂には
阿弥陀如来坐像と壁画が泰安されています。

f0315034_14373994.jpg







f0315034_14541407.jpg






f0315034_14375333.jpg






f0315034_14380693.jpg






f0315034_14381837.jpg
とても心が落ち着く場所でした。

紅葉はまだまだでしたが銀杏が散るとこんな感じに↓
アサヒスーパードライ」のCMにも使われています。






f0315034_14383569.jpg






f0315034_14401007.jpg






f0315034_14412654.jpg





f0315034_15423247.jpg






f0315034_14403167.jpg






f0315034_14445201.jpg







f0315034_14523802.jpg







f0315034_14455230.jpg
まだまだ続きますので〜次回に〜










by applejackcocktail | 2015-10-15 15:58 | 寺/神社 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 両子寺(ふたご) 熊野磨崖仏(くまの まがいぶつ) >>