<   2014年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

豊島❹

昨日に続いて豊島❹です。

豊島美術館を後にして
『島キッチン』のある唐櫃岡(からとおか)方面へ。
f0315034_14292253.jpg

その途中にある廃屋や庭に咲いてる花もいい感じです〜
f0315034_16132860.jpg


f0315034_16121142.jpg


f0315034_14303154.jpg
『島キッチン』/安部 良
この写真は入口で
奥に半屋外の席がある開放的なレストランです。
http://www.shimakitchen.com/about/ 

伺った時間がぎりぎりだったので、
店内だけ見学させて頂きました。
f0315034_14452121.jpg

f0315034_14323111.jpg


『あなたの最初の色』/ピピロッティ•リスト
http://www.setouchi-artfest.jp/artwork/a023
島キッチン敷地内にある蔵に映像インスタレーションを展示
していますが、こちらも時間がなく断念〜
f0315034_14343182.jpg


『空の粒子』/青木 野枝
http://www.setouchi-artfest.jp/artwork/a021
こちらの作品は、家浦港に帰る途中の道沿いにあり
貯水タンクを錆びた彫刻が囲んでいます。
f0315034_14304542.jpg
石で作ったベンチもありました。
f0315034_16143111.jpg



『トムナフーリ』/森 万里子
http://www.setouchi-artfest.jp/artwork/a020
この奥に10分くらい歩いて行くと
沼の中に生と死を象徴するモニュメントが設置されています。
立体は光も放つそうなのですが、
竹やぶでの蚊の多さに待ってられず断念してしまいました。
f0315034_14305693.jpg


家浦港に戻ってきて
カフェレストランの建物自体が作品になっている、

作品名『あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする』
イル ヴェント/トビアス•レーベルガーです。
(店内カフェレストラン利用の場合は入店は無料になります。)

迷彩やストライプ、水玉のデザインで埋め尽くされて
目で見るより写真の方が不思議に見える〜
f0315034_14310697.jpg
カタカナで『イル•ヴェント』と書いていますが
やはり海外の方から見ると格好良く見えるから
カタカナなんですかね〜?
f0315034_15594644.jpg
f0315034_14312555.jpg
f0315034_16175895.jpg

f0315034_16160549.jpg

f0315034_14315645.jpg
f0315034_16173785.jpg


2階
f0315034_14322037.jpg
階段
f0315034_14320851.jpg
2階



それでは、続きはまた〜


おすすめの曲を




by applejackcocktail | 2014-07-31 16:14 | 風景 | Comments(2)

豊島❸

昨日に続いて豊島の続き❸です。

お昼ご飯も食べて、水分もたっぷり補給したので
豊島で一番行ってみたかった『豊島美術館』へ出発です。

電動自転車でも少し負荷がかかるくらいの坂道を登り続けていると
ようやく見えてきました〜
白い建物が美術館です。

f0315034_12430385.jpg
美術館に着くまでの間には、花が咲いていたり
f0315034_12431727.jpg
牛がいたり
f0315034_12433781.jpg
ひまわりが咲いていたりと、
なんとものどかで美しい景色がいっぱいです。
f0315034_16254552.jpg

田んぼのすぐ横にある白いドームは不思議な感じ。
f0315034_16261665.jpg


写真の坂を下ると美術館があります。

この坂の景色も楽しみにしていたので撮影していると、
岡山方面から、雷の音が〜!!
稲光も見えて空がどんよりとしてきました。
f0315034_16274479.jpg

坂を降りる途中にまた花がたくさん咲いていたので撮影していると
香川県側の方には入道雲が出てきました。

f0315034_16284638.jpg

f0315034_16285870.jpg

f0315034_12554187.jpg
坂の左側に見えるのは美しい棚田。
f0315034_16295906.jpg

到着しました〜
f0315034_12374355.jpg
でかでかと駐輪場と書いたりせず、このマークだけなのも良いですね〜
ちゃんとみんな駐輪していましたよ。
f0315034_12450311.jpg
いよいよ入場です。
受付で注意事項を聞いて、
写真の白い道を通り 森の方をぐるっと回って美術館へ行きます。
(手前の建物はカフェ&ショップです。)
f0315034_12451429.jpg
この森のエントランスも素敵ですね〜
f0315034_16312410.jpg

f0315034_12590687.jpg
眺めの良い海の横を通り、
f0315034_12455137.jpg

到着〜
ここで中での禁止事項を聞き、靴を脱いで中に入ります。

f0315034_12583937.jpg

中は撮影禁止ですので。建築雑誌のYouTubeで紹介。




『母型』
40m×60m、高さは4,5mで内側には柱もない空間です。

中はとても神秘的で、
ぽかんと空に開いた穴からは青い空が見え、
心地良い風が吹き込み、鳥の鳴き声も反響して聞こえます。
寝転がってぼっーっとしてる人や
地面からの湧き出る何かの生命体のような水を眺めてる人も。

直島にある地中美術館のモネの絵を
展示されてる建築もそうでしたが
自然光の影響を受け、ほんの少し青みがかった真っ白い空間は
そこにいる人や物、景色がくっきりパッキリ見えたり、
角度によっては、何か光のフィルターがかかったように見え
人も景色も建物と一体化した絵のよう〜
とても不思議な感覚になりました。
f0315034_12485588.jpg


f0315034_16382309.jpg

f0315034_16334763.jpg

f0315034_12475762.jpg

f0315034_16351871.jpg

行かれる事があれば是非、体験してみてください。

それでは続きはまた〜



おすすめの曲を



by applejackcocktail | 2014-07-30 15:10 | 風景 | Comments(4)

豊島❷

豊島の続きです。

次に向かったは、昨日紹介した『Big Bambù』のすぐ近くにある

『遠い記憶』/塩田千春

もともとこの辺りの集会所だった所を使い
約600枚の木製建具で作られた作品で、
建具のドアや引き戸などで作られた
真ん中のトンネルの部分がとても印象的でした。

f0315034_16441789.jpg


f0315034_16443693.jpg

f0315034_14354544.jpg
周りには古いブランコやすべり台が
f0315034_16454623.jpg

f0315034_14362622.jpg
f0315034_14361692.jpg
建物の中です
f0315034_14363891.jpg
f0315034_16471313.jpg

f0315034_14365909.jpg
f0315034_14371077.jpg
f0315034_14372059.jpg
f0315034_16474354.jpg

f0315034_16483423.jpg

f0315034_14382533.jpg
f0315034_14384170.jpg

そろそろお腹が減ったので、
家浦港に戻る途中にある『海のレストラン』で昼食。
f0315034_14392549.jpg
海のすぐ横にはテラス席もあるお洒落なレストラン。
ランチでお勧めしてる、島でとれた鯛の漬け丼定食を頂きました。
f0315034_14393577.jpg

続きはまた〜


おすすめの曲を





by applejackcocktail | 2014-07-29 15:37 | 風景 | Comments(1)

豊島❶

犬島に続いて次の日、
豊島に行ってきました。

朝、岡山駅よりバスで宇野港へ行き(約1時間)
小豆島フェリーに乗って豊島へ向かいました。(約40分)

f0315034_16504414.jpg

岡山駅前
f0315034_16505729.jpg

宇野港から家浦港へ
f0315034_14164907.jpg
豊島家浦港に到着〜

まずは家浦港にあるレンタルサイクルで
電動自転車を借りて島を巡り開始です。
(島は一周約14kmでかなりの坂があるので電動は必須ですよ。)

島の作品の巡り方はいろいろあると思いますが、
レンタルサイクルを借りたガソリンスタンドの方に
島のまわり方のアドバイスを伺い
まずは家浦港近くの
『豊島横尾館』 アート/横尾忠則 建築/永山裕子
から鑑賞しました。

(建物内は撮影禁止)

f0315034_14170139.jpg
島の民家と民家の間にあります。
f0315034_16511728.jpg

f0315034_16512670.jpg

円筒状の塔の中は、床と天井が鏡張りで
滝のポストカード張り巡らされている
不思議な空間に。
f0315034_14453163.jpg
中は横尾ワールド全開で
古い民家を改修し、赤いガラスの向こう側に
作品を展示しています。
f0315034_15304014.jpg

※是非こちらではトイレも使ってみて下さい。おもしろいですよ。

f0315034_16534872.jpg




続いて横尾館より甲生方面の坂道を上って約20分
『Big Bambù』 マイク+ダグ•スターンへ。

山の中腹辺りに船のような展望台のある所まで行きます。
f0315034_16543212.jpg

f0315034_16544405.jpg

この先に係の人がいて、1グループごと(8人以下)
に案内されながら作品を鑑賞できます。

人が多いときはかなり待つような事もあるみたいでしたが
この日は少なくてすぐ出発できました。
f0315034_14220728.jpg

数千本の竹をアーティストとロッククライマーの仲間と一緒に
登山用のひもで組んで作り上げたもので、高さ約18mにも
なる船に見立てた展望台のようなところへ上って行きます。
f0315034_15171909.jpg

人が1人通れるくらいの竹でできた通路を通って行くので
いろいろ注意点があります。
http://setouchi-artfest.jp/news/post/2973/
f0315034_16555612.jpg

f0315034_16564716.jpg

f0315034_14224280.jpg
f0315034_16583693.jpg

竹の手すりがありますが場所によっては揺れますよ〜
f0315034_17005439.jpg

高所恐怖症の方はだめかも。
f0315034_14242145.jpg
f0315034_14253806.jpg
f0315034_14244729.jpg
f0315034_14243608.jpg
ちょっと下の横から見たところ


f0315034_17011492.jpg

f0315034_17023766.jpg

f0315034_17033580.jpg

f0315034_16120765.jpg
この森を海に見立て、そこに浮かぶ船イメージしているとの事。
f0315034_17043091.jpg

先端近くまで行く事ができ、天気も良く見晴らしは最高でした!

それでは続きはまた次回。




おすすめの曲を




by applejackcocktail | 2014-07-28 16:52 | 風景 | Comments(2)

犬島❹

犬島の『家プロジェクト』のつづきです。
まずは『S邸』/コンタクトレンズ
荒神明香/妹島和世/長谷川裕子

名前のごとくコンタクトレンズのような
いろいろな大きさの円形レンズが連なり
レンズ越しに見える景色が歪んで映し出されています。

f0315034_00222751.jpg


f0315034_00224886.jpg

f0315034_00225804.jpg

f0315034_00231883.jpg

レンズ越し見える家が逆さまに見えます。
f0315034_00233618.jpg

http://setouchi-artfest.jp/artwork/a095



続いて『A邸』/リフレクトゥ
荒神明香/妹島和世/長谷川裕子

こちらは色鮮やかな造花の花びらが
貼り合わされた作品となっています。

f0315034_00234814.jpg


f0315034_00282295.jpg

f0315034_03370335.jpg
直島にも金沢にも置いてあった椅子です。
見るのもこれで3回目。
f0315034_00252262.jpg

横にある廃墟もいい感じ〜
http://setouchi-artfest.jp/artwork/a094
f0315034_03372618.jpg
こんな案内板が道すがらにたてられています。




続いて『中の谷東屋』/妹島和世/長谷川裕子

うさぎチェアの置かれた休憩所で
声を発すると こだまのように響いて聞こえます。

f0315034_03373619.jpg
f0315034_00264341.jpg




続いて『C邸』/The Master and the Slave : Inujima Monogatari
ジュン•グエン=ハツシバ/妹島和世/長谷川裕子
(写真撮影禁止なので外観のみ)
地区200年の古民家を改修したギャラリーで中で、
実際の石切場を野球場に見立てるなどの島の風景や人々をいかした
映像作品が流れています。
f0315034_03375974.jpg



次に『 I 邸』/プレーンミラー/リバース
小牟田悠介/妹島和世/長谷川裕子

木造平屋を改修した建物の中に
鏡面を用いた平面•立体の2つのインスタレーション作品で構成されて
庭にはたくさんの花やミントが植えられていました。
f0315034_00270743.jpg

f0315034_03432560.jpg




おすすめの曲を




by applejackcocktail | 2014-07-27 16:21 | 風景 | Comments(2)

犬島❸


昨日に続いて犬島精錬所 奥にある発電所跡。
f0315034_00301671.jpg

建物の屋根は完全になくなっていて危険なので
ロープが張られ、これ以上は近づけなくなっています。
f0315034_00302802.jpg

f0315034_00303598.jpg

f0315034_13354254.jpg
f0315034_00305463.jpg



次に犬島『家プロジェクト』
『F邸』名和 晃平/妹島和世/長谷川裕子
http://setouchi-artfest.jp/artwork/a093

石の神様が祀られている神社に隣接する民家を解体し、
使える部材は利用してリノベーションされている建物の中に
作品が飾られています。(建物内は撮影禁止)
f0315034_13361576.jpg

f0315034_13363741.jpg
f0315034_00311301.jpg

家のすぐ前にある木の間から見える神社の灯籠。
f0315034_13370774.jpg
神社鳥居の前よりF邸を撮影。

ここのすぐ左の階段を30段くらいのぼると
大きな花崗岩の上にある
島の守り神『山神社』があります。
まずはお参り。



続いて『石職人の家跡』浅井祐介/長谷川裕子
f0315034_13371906.jpg
普通の民家に囲まれたところに突然現れます。
f0315034_13430993.jpg
f0315034_13421289.jpg
石職人の家の跡に作品を展開。太古の記憶に反応するように
島内で探し集めた石や民家の梁、それらを配置した地面に、
植物や小さな生き物などが描かれ、島民が描いたパーツなども
織り込まれているそうです。
f0315034_00313261.jpg

f0315034_14004276.jpg
f0315034_00315164.jpg

横の民家にあった花崗岩で作ったテーブルや椅子。
さらに流し台もあるので、外でご飯食べたりお茶するんだろうな〜
f0315034_13392566.jpg
民家の横に置かれたシルバーうさぎチェアー。


次にまた普通の民家や廃屋の横を通って『S邸』へ。
f0315034_14055799.jpg
採石業が盛んだった頃は人口が5000〜6000人もいたようですが
現在は約50人(H22年)‥‥

島民の方とはなかなか すれ違わないし
人が住んでなさそうな家もたくさんあるわけです。

でも調べてみると平成20年に『精錬所美術館』が完成し
平成22年7月19日〜10月31日の間、
瀬戸内国際芸術祭2010が開かれた際には
来島者数はノベ8万4000人って!!
凄すぎです〜


まぁ今は小型船が満席にならない程度の人数なので
ゆっくり見学できるし、人を写さないで撮影もできるし

おすすめですよ〜!!

f0315034_14061153.jpg
それでは続きの『S邸』はまた〜




おすすめの曲を




by applejackcocktail | 2014-07-25 16:15 | 風景 | Comments(2)

犬島❷

昨日のつづきで犬島の精錬所美術館です。

銅の製錬所跡を保存、再生した美術館で
建築家の三分一博志さんが設計を手がけ、柳幸典さんが
アートワークを展開しています。
http://www.benesse-artsite.jp/seirensho/portfolio.html

館内は撮影禁止なので写真はありませんが、
太陽や地熱などの自然エネルギーを利用していて
館内の光は、合わせ鏡や自然光で取り入れ、
風や空気は地熱や煙突を使い取り入れていました。

館内では、合わせ鏡の先に見える
外の光に向かい 細くて暗い製錬所跡を進んで行くのですが
その時に聞こえる風の入り込んでくる音もまた
『ゴッーッツッツヒューゥーッーゴッー』と
館内の暗さと相まって凄い雰囲気です〜

館内の奥には、日本の近代化に警鐘をならした
三島由紀夫をモチーフに、自身が住んでいた家の本物の建具をや小物、
大きな花崗岩や水で皆既日食をイメージした
『ヒーロー乾電池/イカロスタワー』という作品で構成されています。

f0315034_00351353.jpg

入口のスロープ
f0315034_16211082.jpg
f0315034_00352479.jpg

f0315034_00355284.jpg

f0315034_16201932.jpg
出口にあるトイレです。
f0315034_16205705.jpg
一番奥にある作品の自然光を取り入れるガラス窓
f0315034_00360519.jpg

f0315034_16214377.jpg
出口にあるお洒落なカフェです。

f0315034_00361680.jpg
カフェから見える壊れた煙突ですが
なんか『21世紀少年』のともだちマークのようです。

f0315034_16243708.jpg

f0315034_00371175.jpg

f0315034_16231499.jpg
f0315034_00375348.jpg

f0315034_00380272.jpg

対岸の島

f0315034_17223144.jpg

f0315034_16241421.jpg
f0315034_00384831.jpg

f0315034_16244893.jpg
f0315034_00385432.jpg

f0315034_16253300.jpg
f0315034_00391144.jpg

f0315034_16261404.jpg
レンズのせいではなく本当に斜めってます。
f0315034_00394963.jpg

海の向うは小豆島かな?
f0315034_17224247.jpg
f0315034_17234866.jpg
まだまだあるのでつづきはまた。



おすすめの曲を




by applejackcocktail | 2014-07-24 17:55 | 風景 | Comments(2)

犬島❶

久しぶりの更新です。

先週の連休に岡山県へ旅行に行ってきました。
一日目は、瀬戸内海に浮かぶ『犬島』へ。


まずは岡山駅より電車とバスで宝伝港へ。
バスは1台通れるくらいの狭い道をがんがん進んで港へ向かいます〜
スゲッ〜!運転テクニックです。
もちろん途中対向車も来ますが‥まぁみんな下がってくれます。

港からは小型船に乗り10分で犬島に着きます。

f0315034_00525532.jpg
梅雨が明けたかのような快晴で暑かった〜!!
f0315034_16375768.jpg

ここ犬島には、近代化産業遺産、銅の製錬所跡を再生した美術館、
集落に点在する『家プロジェクト』の作品、
もともと良質の花崗岩が産出される島としても有名なので
島のあちこちに石のオブジェなどがあります。

まずは港の側にあるチケットセンターストア&カフェで
チケットを買い精錬所美術館へ。
f0315034_16384951.jpg

f0315034_00530411.jpg

おっSANAAのうさぎチェア!
f0315034_00531227.jpg

煙突が見える精錬所までは切り出した花崗岩が並べられています。
f0315034_00532509.jpg

島の風を感じながら のんびりと歩いて島を巡ります。
f0315034_00580791.jpg

f0315034_16565330.jpg
美術館入口から。
黒い建物が先程のチケットセンター
f0315034_17070412.jpg

f0315034_00534706.jpg

壊れかけた複数の煙突やカラミ煉瓦。
f0315034_00535424.jpg

1909年に創業し約10年間のみで閉鎖された製錬所は
時を経て2008年にアートプロジェクト『精錬所』へ。

古い建築物や壊れた建物好きにはたまりません〜


それでは、続きはまた〜



今日のおすすめの曲を




by applejackcocktail | 2014-07-23 18:47 | 風景 | Comments(2)

苔のむす石垣

最近撮影に行けてないので、ちょっと休憩がてらに寄った公園で撮影。

池に沿ってあるジョギングコース脇の石垣に
とても綺麗な苔がたくさん〜

ランナーのいない間にパパッと撮影。
f0315034_01023144.jpg

f0315034_01031229.jpg

YouTubeを
懐かしい〜



by applejackcocktail | 2014-07-16 02:28 | 公園/庭 | Comments(3)

梅雨の晴れ間


ずっと天気悪かったけど、
昨日は、台風が通り過ぎたせいもあってか
霞もなく
久しぶりに綺麗な夕日が見えました。

f0315034_01045965.jpg

夕日の反対側には、綺麗な月が〜
f0315034_02253145.jpg
f0315034_01085644.jpg



GoProで撮ったサーフィン!凄い〜
YouTube



by applejackcocktail | 2014-07-12 02:56 | 風景 | Comments(2)